実験室の利用

化学実験棟の実験室は、職員や共同利用者の方が利用できる共同利用実験室です。
廃液を伴う化学薬品等の取り扱い作業やドラフトを使用する作業などに利用できます。

初めての方は、まず電子メールで環境安全管理室宛(k-anzen(at)ml.post.kek.jp)にご相談ください。
使用希望者は、「化学実験室使用願 」(WORD:27KB)を化学実験棟事務室に提出し、承認を得てください。
長期間の使用については、1ヶ月を越えるごとに改めて使用願を提出してください。使用する実験装置、器具、薬品等は利用者が自ら用意し、実験終了後はただちに持ち帰ってください。使用期間中は、実験室、実験装置、器具、薬品等を利用者が責任をもって管理してください。また、他の利用者の妨げとならないよう、実験室内や作業スペースの有効利用に御協力ください。

分析装置の利用

化学実験棟には水質検査や室員の研究のために利用する分析機器が整備されています。これらの分析機器は業務に支障がない場合に限り、職員や共同利用者の方の使用も認めています。内容によっては使用を認めなかったり、依頼分析として受けたりする場合があります。

初めての方は、まず電子メールで環境安全管理室宛(k-anzen(at)ml.post.kek.jp)にご相談ください。
使用希望者は、「分析機器使用願 」(WORD:27KB)を化学実験棟事務室に提出し、承認を得てください。
セキュリティのため、夜間は施錠しますので、原則として分析機器の利用はできません。