KEK 放射線科学センター

センター長挨拶



 放射線科学センター センター長
 波戸 芳仁



放射線科学センターは、種々の高エネルギー加速器を有する大規模放射線施設である高エネルギー加速器研究機構において、機構全体にわたる放射線・化学環境安全に関わる業務を統括し、加速器の放射線防護に関わる研究を推進することを使命としています。本機構と日本原子力研究開発機構が共同で運用するJ-PARCにおいても、その放射線防護・安全管理に共同して取り組んでいます。放射線安全の担保は大型加速器施設の健全な運転や利用の根幹をなすものですが、世界的にも希少な加速器群の安全管理のためには既存の知識並びに測定器では解決できない問題を含む場合があり、これに対応するため、常に新しい知見を蓄積し、高度な研究、技術開発を行うことが必要になります。放射線科学センターでは、加速器放射線防護に関連した放射線物理、放射化学、遮へい工学、放射線計測、シミュレーション科学、環境化学等の研究を積極的に推進しており、広範な分野で多くに実績を挙げています。今後も、本機構の将来計画の実現に向けて種々の課題に取り組み、加速器放射線防護の中心的拠点として、その責務を果たしていくよう、本センターのスタッフ一同、鋭意努力を重ねたいと思います。

放射線科学センターでは、福島第一原子力発電所事故の発生直後から、環境放射線・放射能の連続測定を開始しそのデータの公開を行ってきました。また、種々の測定協力並びに放射線・安全教育等の社会貢献活動を積極的に行って参りました。このことは、放射線の研究者及び専門家の集団として、その責任を果たし国民の期待に応えることでもあったと考えます。この期待に応えるべく、放射線科学センターの新たな課題あるいは使命として、これらの活動を継続しその推進に努めて参りたいと思います。

copyright