放射線管理区域への入域手順


職員(機構が招へいした外国人研究者を含む)・大学院学生及び特別研究学生

自分のIDカードで入れる区域

自分のIDカードで入れない区域

共同利用実験者

次のリンクページKEKの放射線業務従事者になるための手続き(共同利用者)を参照ください。項目3及び5に管理区域入域手順の内容が含まれています。

外来業者に作業を行わせるための手順

当該年度で最初に作業を行う前に、 放射線受付 で本機構の放射線安全教育を受けさせてください。

作業を行わせる業者に必要な注意を行う。放射線レベル等についての情報が必要な場合は、 放射線受付 に聞いてください。

放射線管理区域内作業計画・許可願(様式第2号)」 を作成し、当該区域の監視員窓口に提出してください。一般安全許可可能者一覧(機構内のみアクセス可)。記入について不明な点は 放射線受付へお問い合わせ下さい。

以下の区域については区域ごとの作業計画書の作成の手引きがありますので併せてご参照下さい。(機構内のみアクセス可)
第2区域[カウンターホール・EP1下流部] 第4区域[放射光科学研究施設光源棟]第4区域[電子陽電子入射器棟] 第5区域[KEKB/BT/PF-AR]

監視員窓口で、IDカード、個人被曝線量計を借用して入域します。

必ず所属事業所の放射線測定バッジを併せて着用させてください。

IDカード、線量計は毎日返却するよう指示してください。

区域によっては、作業計画書に「一般安全に関する許可の署名」が必要なので注意してください。