放射線管理区域への入域手順


職員(機構が招へいした外国人研究者を含む)・大学院学生及び特別研究学生 共同利用実験者 外来業者

職員(機構が招へいした外国人研究者を含む)・大学院学生及び特別研究学生

自分のIDカードで入れる区域
  • 自分のIDカードで入れる区域については、特別な手続きはいりません。

  • 立ち入り可能な区域は、業務内容と関連して 放射線業務従事者認定願(様式第4号) の裏に記載する事になっています。 所属や業務内容が変わったため立ち入り区域が変わる場合は、放射線管理室に連絡してください。

  • 管理区域に立ち入る場合は、必ず個人線量計等を着用してください。

  • 陽子加速器トンネル内等、残留放射能レベルが高く、 アラーム線量計の着用が義務づけられている場所に入る場合には、必ず着用して入域してください。

  • アラーム計がアラームを発した場合には、作業を止め、放射線管理室の指示に従ってください。

自分のIDカードで入れない区域


共同利用実験者

PS実験、KEKB
  • 監視員詰所で本機構のルクセルバッジを受け取り、自分の名前の入った IDカードで入域してください。

  • IDカードは、年度毎に更新手続きが必要です。 放射線受付 で、手続きしてください。本所の放射線安全教育を受けた後、IDカードを更新します。

  • 放射線業務従事者登録が完了していないと更新手続きができませんから注意してください。

  • 必ず所属事業所の放射線測定バッジを併せて着用してください。

中性子・中間子研究施設・放射光研究施設
  • 監視員窓口で、IDカード、個人被曝線量計を借用して入域します。

  • 年度の最初に来構時には、本機構の放射線安全教育を受けてもらいます。

  • 放射線業務従事者登録が完了していないと立ち入る事ができませんから注意してください。

  • 必ず所属事業所の放射線測定バッジを併せて着用してください。



外来業者に作業を行わせるための手順



高エネルギー加速器研究機構・放射線管理室

放射線作業者のための情報トップページに戻る