放射化学グループ

「加速器」と「放射化」

プロジェクトの紹介

加速器施設の放射化は、加速器のエネルギーや出力などの向上とともに非常に重要な問題となってきている。放射化学、核化学的手法を活用することにより、放射性核種の分離、測定手法の確立、とくに難測定核種であるトリチウム、C-14の分離定量手法の確立、Cl-36の加速器質量分析法による定量法の開発を進めた。

図や写真の説明を記入します。

テキスト ボックス: 放射化物中の放射性核種の分析法の開発と主要加速器施設の放射化状況の調査研究

また、加速器施設における放射化状況の調査するため、国内主要11施設からコンクリート試料を採取し、分析を進めてきた。これらの研究は国内外で開催された会議で発表するとともに、論文としてまとめ、国内外の関心を呼んだだけでなく、原子力安全委員会放射性廃棄物専門委員会からも高い評価を得た。引き続き、文部科学省の受託事業である小規模放射線発生装置に関するクリアランス調査として研究を継続している。

図や写真の説明を記入します。

図や写真の説明を記入します。