放射化学グループ

「加速器」と「放射化」

プロジェクトの紹介

本機構中性子科学センターのパルス中性子施設(KENS)に、最高エネルギー500MeVの中性子の照射場を整備し、0度方向における中性子のコンクリート遮蔽実験を行うとともに、中性子による各種標的核での核破砕、フラグメンテーション反応のデータ収集、コンクリート放射化の調査、金放射化検出器による高エネルギー中性子スペクトルの取得などを行った。これらのデータは今後MARS等各種モンテカルロ計算コードの開発や検証に役立つことが期待されている。

図や写真の説明を記入します。

テキスト ボックス: 高エネルギー中性子による遮蔽及び放射化に関する研究

図や写真の説明を記入します。