平成29年度化学物質リスクアセスメント調査について(お知らせ)
2017年11月1日

労働安全衛生法により、SDS(Safety Data Sheet:安全データシート)交付義務のある化学物質(663物質、2017年11月1日現在)について、リスクアセスメントの実施が義務付けられております。
つきましては、下記により、対象化学物質の使用状況、リスクアセスメント実施状況について調査を行いますので、ご協力よろしくお願い致します。

  1. 昨年度提出者
    • 昨年度提出済みのファイルを添付しますので、変更があれば、A票を提出、変更がなければ「変更なし」と返信してください。
    • 追加対象物質について、常時使用する化学薬品等で年間使用量が概ね500g以上のものがあればA票に追記してください。
  2. 昨年度未提出者
    • 対象物質について、常時使用する化学薬品等で年間使用量が概ね500g以上のものがあれば、A票を提出、なければ「該当なし」と返信してください。

※化学薬品等の使用者(使用グループ)ごとに提出をお願いしますので、とりまとめ、よろしくお願いします。

※実験ホール等の一部を使用している場合は実際に使用している範囲を使用場所と考えてください。

提出物:調査票のうちA票(※記入例
           変更なし、該当なしの場合はその旨ご連絡ください。

提出期限:11月30日(木)

提出先:環境安全管理室(k-anzen [at] ml.post.kek.jp)

平成28年度の安全・衛生週間中に行った化学物質リスクアセスメントの内容も盛り込んだ講演の資料が下記にありますので、参考にしてください。

平成28年度「安全・衛生週間」

化学物質リスクアセスメントの進め方

A票提出後の化学物質リスクアセスメントの進め方については、こちらをご覧ください。

<参考>


<問合せ先>
環境安全管理室(TEL:5498、k-anzen [at] ml.post.kek.jp)