表示・通知義務対象物質の追加について
2017年3月1日


亜硝酸イソブチル等27物質について、労働安全衛生法施行令別表第9に追加すること等を内容とする労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令が公布(平成29年3月1日施行)されました。

この改正により、亜硝酸ブチル等27物質は、譲渡・提供の際のラベル表示、SDS(安全データシート)の交付、製造・取扱いの際のリスクアセスメントの実施が義務となります。

亜硝酸ブチル等27物質を新たに取扱う前にはリスクアセスメントを実施してください。

<詳細>

厚生労働省:表示・通知義務対象物質の追加(平成29年3月施行)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126934.html